ブログアフィリ・サイトアフィリでのSEOの考え方の違いについて



先月末にアフィリエイト・フレンズの座談会に出席し、主にSEOについてディスカッションしました。
サイトアフィリエイターが集まると、大抵SEOが話題になることが多いです。

googleのペンギンやパンダアップデートの影響で、圏外に飛ばされるサイトが増えたせいもあり、自演リンクを悪とする論調が強いようです。
特に情報商材を取り扱っているブログで、この傾向が強いように思います。
ペラサイトを外部リンクで上げて稼ぐ手法は終わってます・・的な感じですね。

後はIT系のブログで、ホワイトハットSEOでもアクセスは十分稼げます・・的な記事でしょうね。

こういった記事を読んでいて思うのは、ブログとサイトアフィリは違うんだよな~、という事です。
ブログでは、個別記事での売上が主だと思いますが、サイトアフィリでは圧倒的にトップページでの発生が多いです。
もちろん例外もありますが、多くのアフィリエイトサイトでそうなっています。

一般論ですが・・

ブログの場合
AA BB
CC DD
EE FF
といった結構バラバラなキーワードでアクセスを集めて、アドセンスをクリックさせるとか、記事の内容でリピーターを増やして、同一の訪問者に繰り返し商材を売るといった収益モデルではないでしょうか。

サイトアフィリの場合
AA BB
AA BB CC
AA BB DD
といったターゲットキーワードと関連キーワードを集めて、新規訪問者に商品を紹介するといったイメージでしょうか。
属性の異なるアクセスを集めても、成果は上がりにくいです。
ロングもトップページでガンガンに拾っていきます。
サイトアフィリで稼ぐ為には、とにかくトップページを強くする必要がありますね。

まあ、稼げるなら何でも良いのですが、他の方法を否定するのって下手なやり方だと思いますし、サイトアフィリの為のSEOについて情報収集している人は、結構惑わされるんじゃないかと思いますね。
私もそうでしたから・・

ちなみにリンクを送るのは、違法でもなんでもありません。
アフィリ以外の普通の会社でも、SEO業者を使って普通にやってます。
例えば、大手弁護士法人のアディーレさんなんかでも、5000本近くリンクが入ってますからね。

稼げるキーワードで、ユーザー向けにしっかりコンテンツを作って、その上でリンク施策もやる。
報酬を爆発させているアフィリエイターは、皆やっている事です。
私が知っている滅茶苦茶稼げるキーワードって、「FX」とか「キャッシング」ですが、リンクなしで1位が取れるのか、リンク否定者に聞いてみたいですね。
私には、リンクありでも無理ですが。

ビッグキーワードではなく、ニッチキーワードで・・って言うなら、量産ですねw
必然的に中身は薄くなるでしょう。

SEOにも色々な考え方があるので、断定的な発言は疑った方が良いです。
こんな方法もありますよ~的な記事を中心に情報収集すると良いでしょう。
最終的には、自分にあったやり方を見つけていくしかありません。

コメントを残す




*