AMCの電話アフィリは稼げるか、という質問に回答しました。



久しぶりの更新です・・
発生報酬が100万円を突破してから、ブログの方はすっかりおざなりになっていました。
まあ、元々サイトアフィリを実践していく上で、気付きなどを書き留めていくためのブログでしたので、仕方ないかもしれません。
それはそれとして、AMCの電話アフィリについて質問がありましのでシェアさせて頂きます。

ぶろつくの電話アフィリエイトの経験は?

経験としては、ASP経由で4案件、クライアント直で1案件を手掛けています。
ちなみにAMCとは関係ない案件です。
今回、AMCは「電話アフィリエイト」という言葉を使っておりますが、要は「ペーパーコール」と呼ばれている以前からあるものですね。

電話アフィリエイトに関する質問と回答

質問1

Q:電話アフィリエイトは、がら空き市場なので、今が稼ぐチャンスだとのことなのですが、このことについて、どう思われますでしょうか?

アクセスユーザーのアクションがネットか電話かという問題ですので、ガラ空きという表現は微妙かもしれません。
ガラ空きキーワードのようなイメージは持たない方が良いと思います。
どのようにしてアクセスを集めてくるか、は常に問題になると思います。
「電話」を絡めたキーワード展開を考えているなら、他のキーワードよりは競合は緩いと思います。
またスマホユーザーは、アクションしやすくなると思います。

質問2

Q:AMCの会員数が2000名以上いることを考えると、がら空き市場とはいっても、もうすでに飽和に近い状況なのではないか?

それは無いと思います。
私も、特に申し込んでいませんし^^

質問3

Q:単に、AMCの会員数を増やしたいがためにこの電話アフィリエイトを餌にしているのだろうか?

AMCは、餌などはまかない塾だと思いますよ。
私は既に無料会員ですので、ツール類などもただ乗りのような感じで利用していますし、責任者の石川さんにも会費で儲けようという気は無いように見えます。
少し前に飲みで一緒になった時も、そんな感じでした。
ただアフィリエイターを儲けさせるための環境づくりには熱心なので、その一環だと思います。
会社としては、ASP事業を立ち上げているので、それを会員がアフィリエイトしてくれれば、という考えはあると思います。

質問4

Q:実際のところ、この電話アフィリエイトは実際に稼ぎやすい市場なのでしょうか?

どんなアフィリもそうですが、稼げる人もいれば稼げない人もいます。
ただ「ペーパーコール」を付けてくれれば、確実にコンバージョンは上がります。
今まで、無かったものをカウントしてくれますので。
それと、グーグルも「ペーパーコール」のシステム開発を進めている(内部情報)ようなので、今後のチャネルとしては有望視されていると思います。

電話アフィリエイトには利点もありますが、電話ならではの難しさもあります。
そもそも、コンバージョンキーワードが取れませんので、量産展開が難しいです。
クライアントの電話システムを開放して貰って、受電履歴を見ると色々と見えてくるものもありますが、これはメールなどではちょっと言えない部分ですので、ご了承下さい。

SEOに関する質問と回答

また、手動ペナルティを受けているとのことで、SEOについても質問がありましたのでシェアします。

質問5

Q:AMCのSEOは今でも通用するか?

AMCのSEOは、基本的には階層構造を作ってWPからリンクを送るというものです。
上がるか、上がらないかということであれば、上がります。
もちろんキーワードレベルにもよりますが。
ただ、手動ペナルティは、単純にSEOだけの話ではないと思います。

質問6

Q:おすすめの教材、塾は?

AMC以外では、私はアフィリエイト・フレンズに入会しています。
ここは塾ではありませんが、メンバー向けに定期的に「成功要因共有会」という会を開催しています。
大きな報酬を得ているアフィリエイターが成功している要因をお互いに共有しているので、参考になると思いますが、丁度8月末で終了して、次回は未定です。

質問7

Q:AMCに入会する価値はあるか?

すでにサイトアフィリで10万円程度の報酬を得ているなら、ノウハウ面でのメリットは薄いと思います。
これは、どの教材も似たり寄ったりではないでしょうか。

ただAMCは、発生30万円で無料会員になるので、成功したアフィリエイターが退会せずに、そのまま残っていきます。
そういった成功者と情報交換できるのは、大きな利点だと思います。
アフィリエイター自身が、初心者~中級者向けにセミナーを開催したりといった事も行われているので、塾の教材よりもこちらの方がためになりますね。
コミュニティ的な利用法ですね。

AMCの概要

質問8

Q:手動ペナルティについて

手動ペナは、SEOとはまた異なる軸で考えた方が良いと思います。
SEOは検索エンジンのアルゴリズムを攻略して、特定のキーワードの順位を上げることですので、上がった後に目視で落とされないという事とは、求める所が違うと思うからです。

正直私も、手持ちサイトをgoogleに摘発されています。
目視でアフィリサイトを落としていくので、引っかからない方法などないと思っています。
特にミドル・ビッグ狙いなら、必ずいつかはやられます。
ホワイトSEOでも手動ペナが来るので、アフィリサイトの宿命かもしれません。
凄い大物アフィリエイターでも摘発されていますし・・

googleが目視しないようなロングテールでアクセスを集めるか、目視に耐えられるサイト内容にするか、落されても良いようにサイトを作る速度を上げるか、のいずれかではないでしょうか?

以上、シェアでした。
参考になれば幸いです。

1件のコメント

  • YMS

    とても詳しくありがとうございます。
    とても参考になりました。
    今後にいかしていきたいと思います。

コメントを残す




*