手掌多汗症

手掌多汗症とは、局所多汗症の一種で、暑かったり運動をしたわけでもないので、精神的に緊張した際などに手のひらにぐっしょりを汗をかく多汗症の事です。
多汗症の中でも、手掌多汗症は滴り落ちるほどの汗をかくのが特徴。

手のひらに多くの汗をかく為、文字を書く際に紙をぐしゃぐしゃに濡らしてしまうなど、日常生活に支障を来たす場合がある。

汗には、「温熱性発汗」と「精神性発汗」があるが、多汗症は「精神性発汗」が原因となって起きる。
多汗症の人は、発汗を促す交感神経が常に活発に活動している事が原因で、大量の発汗を引き起こしている。
それほど精神的に緊張していない状態でも、大量発汗するのだから、生活に支障が出る事態になるのである。

手掌多汗症治療としては、主にボトックス注射やETS手術があげられる。
ボトックス注射は、ボツリヌス菌から抽出したタンパク質を注入する事で発汗抑える治療法。
効果は高いが、症状を抑えるだけの治療法である為、定期的な注射が必要になり、経済的な負担が問題となる。
ETS手術は、「内視鏡下交感神経切離術」といい、問題の交感神経を切断する術式で、手掌多汗症の治療としては高い効果が期待できる。

しかしETS手術には、代償性発汗という大きな副作用がある。
手術によって止まるのは、手のひらからの汗だけではなく、顔・首・胸などの汗まで止まってしまう。
発汗が止まってしまった部分の温熱性発汗が、身体の他の部分に起きてしまう為、胸から下や背中などに大量の発汗が起きて、ぐしょぐしょになる等の場合もある。
ETS手術を受ける場合は、代償性発汗について良く考えて欲しい。

こちらのサイトで、手汗治療プログラム(SCM)について紹介しているので参考にして欲しい。

手汗治療プログラム scm