ペラサイトは終わったか?



Googleのペンギンだのパンダだのが、ネットを賑わしています。
それに合わせて、これからはコンテンツだ!という論調が支配的になっています。


サイトにボリュームを持たせる事が重要で、今ペラサイトで稼いでいる人は、今後は難しいでしょう・・・という書き込みを、あまりに頻繁に見かけるので、本当にそうかと思い、自分でも初めてペラサイトを作成してみました。

作成したペラサイト内容

ページ数:1ページ
文字数 :約2800文字
ドメイン:独自ドメイン(日本語ドメイン・新規取得)
被リンク:
 ソーシャルブックマーク×5本
 ランキングサイト×1本
 宣伝掲示板×2本
 無料ディレクトリ×1本
 サテライトサイト×8本
作成日:2013年3月末

作成したペラサイトの状況

1ヶ月後の4月末
 ターゲットキーワードで1位を獲得。
 アフィリエイトタグを貼っていたのですが、初報酬が発生しました。

2ヶ月後の5月末
 関連キーワードでも上位表示されはじめました。
 月額報酬は約4万円となりました。

6月15日現在
 関連キーワードで更に順位が上がり、平均500UU/日を突破した為、
 当ブログの記事にしてみました。

 

ペラサイトの現状

本日現在、ペラサイトは有効で十分上位表示が可能です。
もちろん長期的に安定するかどうかは分かりません。

途中ペンギン2.0とかEMDアップデートがあり、10数ページあるサイトが
いきなり圏外にとんだりしているので、ペラサイトでなくてもSEOで安定
という事自体難しいのかもしれませんね。

よくある論調が、数百ページのパワーサイトを育てれば、アクセスが
安定するというものですが、それってただのロングテールでは、と
思ってしまいます。

ブログでブランディングしていく場合は、良い方法論だと思いますが、
あるキーワードで特定の属性ユーザーを集客したい場合は、その方法だと
コンバージョンレートが下がるような気がしています。

テーマを絞った記事なんて、私には10ページが限界ですし^^

コンテンツ内容は、今までもこれからもコンバージョンを取るために
重要なのは当然ですが、コンテンツ内容が良ければSEO上も有利なのか
どうかは、かなり疑問をもっています。

そもそもそんなにコンピューターって賢かったけ?  ・・という意識が
あるんですよね。
コンピューターに、文章の内容の素晴らしさだとか、挿入されている画像の
非凡さだとか、分かるとは思えないんですよ。

だって、どうしようもないブログが、幾らでも上位表示してますよね?
(人のブログの事は言えませんが・・・^^)

まあ、たった一つのペラサイトでは何とも言えないので、またサンプル的に
サイトを作成して、結果を紹介しますね^^

コメントを残す




*