Javaコンパネに更新タブが表示されないのを治す方法



先日Javaの更新設定を変更しようとしたものの、Javaコントロールパネルに更新タブが表示されなくて、少し嵌ってしまいました。
Javaコントロールパネルを起動しても更新(アップデート)タブが表示されない場合、次の事が考えられます。

64bit版のJavaを使用している場合

64bit版のJavaでは更新(アップデート)タブは表示されない仕様です。
64bit版をアンインストールした上で32bit版をインストールして下さい。

現バージョンのインストール時に、Javaの更新を無効に設定している場合

まず、Javaの更新を有効にする必要があります。

[Windowsスタートボタン]をクリックし、[プログラムとファイルの検索(又はファイル名を指定して実行)]に[regedit]と入力して[Enter]。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\JavaSoft\Java Update\Policy]配下の[EnableJavaUpdate]をダブルクリックする。

値が「0」の場合は「1」に変更して[OK]をクリックする。

[コントロールパネル]の[Java]アイコンをクリック。

[アップデート]又は[更新]タブが表示されている事を確認する。

これでJavaの更新設定の変更が可能になります。

更新設定が有効にならない場合

Windows7環境の場合、Javaコントロールパネルで更新設定を変更しても、有効にならない場合があります。
これはレジストリを変更する権限がない為です。
(Administratorsグループのアカウントであっても一緒です)

この場合、Javaコントロールパネルを管理者権限で起動する必要があります。

例:64bit版Windows7環境で32bit版のJava7の場合

[C:\Program Files (x86)\Java\jre7\bin]のフォルダ配下にある[javacpl.exe]を右クリック、[管理者として実行]をクリックしてJavaコントロールパネルを起動します。

起動したJavaコントロールパネルで更新設定を行えば、変更が有効になります。

管理者権限が原因でJava更新設定が出来ない不具合については、今後のリリースで対応予定との事です。
その際は、上記で記載したレジストリのパス等も変更されると思います。

コメントを残す




*