Javascriptを使用した発リンク数の調整法



ブログ訪問者のためにリンクは設置したいものの、リンクジュースは渡したくない場合ってありますよね。
例えばSNSのホームページやRSSフィードへのリンク等は、検索エンジンに認識して貰う必要はありません。

リンクジュースのコントロールと言えばnofollow属性ですが、リンクにnofollowを付けるとリンク先にリンクジュースは渡さないものの、せっかくのリンクジュースが消滅してしまいます。
これって勿体ないですよね^^

そこでJavascriptを使用した発リンク数の調整を行ってみました。

変更前のhtmlタグ

SNSホームページへの変更前のhtmlタグです。
外部への発リンクとしてバッチリ認識されています。

<a href="http://www.twitter.com/burotuku" target="_blank">Follow @burotuku</a>

hiding-link.jsの作成

Javascriptはhtml内に記述する事もできますが、Googleのクローラはhtmlに記述されたJavascript内のリンクについても、通常のaタグ同様の処理を行っているという事です。
(リンクジュースも渡すし、アンカーテキストも評価する)
よってJavascriptの外部ファイル化を行う必要があります。

まず、テキストエディタ等でhiding-link.jsというファイルを作成し、下のJavascriptコードを貼り付けます。
ID(burotuku)・URL(http://www.twitter.com/burotuku)・function名(TwitterFollowMeURL)は任意に変更して下さい。

<!--
window.onload = function(){
	TwitterFollowMeURL();
}
//-->

function TwitterFollowMeURL(){
	var ID = "burotuku";
	var URL = "http://www.twitter.com/burotuku";
	var baseTag = document.getElementById(ID);
	var link1 = baseTag.firstChild.nodeValue;
	var aTag = document.createElement("a");
	aTag.href = URL;
	aTag.target = "_blank";
	aTag.appendChild(document.createTextNode(link1));
	baseTag.replaceChild(aTag, baseTag.firstChild);
}

hiding-link.jsのアップロード

FFFTP等のソフトを使用し、hiding-link.jsのアップロードを行います。
アップロード先は下記を参照。
今回は「js」ディレクトリが無かったので新たに作成しました。
http://ブログURL/wp-content/themes/使用テンプレート名/js/

hiding-link.jsへの参照設定

header.phpにhiding-link.jsへの参照を記述します。
下記を参考にしてURLはブログ環境に合わせて変更します。
今回は</head>直前に記述を行いました。

<script type="text/javascript" src="http://blog-making.info/wp-content/themes/elements-of-seo/js/hiding-link.js"></script>

Javascriptリンクの挿入

リンクを挿入したい場所に下のように記述します。
idとアンカーテキストは環境に合わせて変更して下さい。

<span id="burotuku">Follow @burotuku</span>

下図のようにちゃんとリンクとして認識されました。

SEOチェキ!(http://seocheki.net/)でも確認してみます。
SEOチェキ!は誰でも無料で利用できる定番SEOツールです。
きちんと「外部リンク0」になっています。

hiding-link.jsのクロール拒否

hiding-link.js内部が検索エンジンにクロールされないよう、念のためブロックしておきます。
ブロックの設定は、下記1行(URLはブログ環境に合わせる)をrobots.txtに追加すればOKです。
robots.txtの編集は、「WP Robots Txt」等のプラグインで簡単に出来ます。

Disallow: /wp-content/themes/elements-of-seo/js/hiding-link.js

参考URL

GoogleのJavascriptリンクに対する評価については下記URLを参考。
http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=66355

まとめ

Javascriptリンクを使用する事で、リンクジュースの外部への流出を細かくコントロールする事が出来ます。
リンクの集まるトップページでは特に有効だと思います。
ただ訪問者やブログに有用なサイトに対しては、ちゃんと普通のリンクを貼りましょうね^^

Javascriptリンクは参考URLにも記載があるように、それだけではスパム行為ではありませんが、実施については自己責任でお願いします。

コメントを残す




*