WordPressインスト直後に導入すべきプラグイン10個



WordPressインストールと同時に導入しておくと便利なプラグイン10個を備忘録として記載しておきます。
あまり頻繁に行う設定ではないため、新しくWordPressでブログを構築する際に忘れちゃうんですよね^^

WordPressインストール直後に導入しておいた方が良いプラグインは、以下のようなものでしょう。

(1)ブログデザインに必要なプラグイン
(2)パンくずリスト等のユーザビリティに関するプラグイン
(3)内部SEOに関するプラグイン

いずれもブログ構築時の骨格となるものですので、後々ブログの構造に手を入れなくともすむよう、最初にしっかりと設定しておきたいですね^^

All in One SEO Pack
ページタイトル、METAキーワード、概要設定などの内部SEO対策を強化するためのプラグイン。

brBrbr
改行を</br>に変換してくれるプラグイン。
WordPressはどんなに改行しても1行分しか改行できないため。

Breadcrumb NavXT
WordPressでパンくずリストを表示するためのプラグイン。
パンくずリストとは、トップページから現在表示しているページまでの階層構造を表示する仕組みです。
階層構造が見えることで現在位置の把握ができ、ページ遷移の補助になります。

Category Order
WordPressのカテゴリーを任意の順序に並び替えるためのプラグイン。

cbnet Ping Optimizer
記事作成時のPINGをカスタマイズするためのプラグイン。
PINGとは、ブログの更新情報を収集しているサーバーに更新通知を行うための仕組みで、検索エンジンにインデックスされやすくする為に必要です。
WordPressでは、デフォルトで更新時にも通知を行うため、ブログ構築の為に頻繁に記事更新を行う場合は、スパム扱いされないようにプラグインを導入しておきます。

Delete-Revision
投稿リビジョンが多いと、データベースの肥大化に繋がりバックアップ時間や容量にも影響するので、プラグインで削除しておきます。

Disable Revisions and Autosave
WordPressでは、記事作成時の自動保存を停止するプラグイン。

Google XML Sitemaps
検索エンジンのインデックスを促進するためのsitemap.xmlファイルを自動生成してくれるプラグイン。

WP No Category Base
WordPressのカテゴリーページのURLから「category」を削除するためのプラグイン。
デフォルトでは全カテゴリが、「category」の配下となるため階層が深くなってしまう。
下記のようにパーマリンクをカスタマイズしてくれます。
例: http://xxx.jp/category/カテゴリ名/ ⇒ http://xxx.jp/カテゴリ名/

WP-PageNavi
WordPressのページナビゲーションを拡張するためのプラグインで、下図のようにページ数を表示してくれます。

いずれも定番のプラグインです。
WordPress初心者の方は、ぜひ試してみて下さいね^^

コメントを残す




*