WordPressの内部SEO対策定番プラグイン7個



WordPressで構築したブログシステムは、内部リンク構造的にSEOに強い構造になっていますが、SEO関連のプラグインを使用する事で、更にSEO効果を強める事ができます。

WordPressでブログを作成する際に使用しているプラグイン7個を紹介しますので、WordPress初心者の方は参考にして下さいね^^

[ブログ構築時に導入するべきSEO関連プラグイン3個]

▼All in One SEO Pack
ページタイトル、METAキーワード、概要設定などの内部SEO対策を強化するためのプラグイン。

▼Google XML Sitemaps
検索エンジンのインデックスを促進するためのsitemap.xmlファイルを自動生成してくれるプラグイン。

▼WP No Category Base
WordPressのカテゴリーページのURLから「category」を削除するためのプラグイン。

上記3プラグインは、「WordPressインスト直後に導入すべきプラグイン10個」でも紹介しています。

[ブログの状況に合わせて導入するべきSEO関連プラグイン4個]

▼Google Analytics for WordPress
Google社の提供する無料アクセス解析ツール、Analytics用プラグインです。
ある程度の記事を投稿したら、アクセス解析の実施をオススメします。
どんな記事にアクセスが集まるのかや、アクセスはあるけどすぐに閉じられてしまう記事などの傾向を解析して、今後の記事作成に役立てましょう^^

▼Redirection
301リダイレクトの設定ツールです。
301リダイレクトとは、URLを変更した際に、ページランクや検索順位関連データごと変更後のURLに転送する方法です。

▼Broken Link Checker
Broken Link Checkerは自サイト内のリンク切れを自動でチェックして、メールで通知したり、取り消し線を付加したりできます。
リンク切れはSEO上マイナスですが、過去記事のリンクを手動でチェックするのは大変ですので、プラグインで自動チェックしましょう^^

▼Head Cleaner
ヘッダー領域・フッター領域を整形して最適化するプラグインです。
WordPressにプラグインを複数導入していくと、HTMLソースがごちゃごちゃと汚くなっていきますが、このプラグインを導入する事で、HTML/CSS/JavaScriptコードを最適化してくれます。
SEO効果だけではなく、サイトの高速化に威力を発揮するプラグインですので、ぜひ導入しておきましょう^^

・当ブログの設定

・Google Maps for WordPressを使用しているブログの設定


Google Mapを使用する場合、IEでMapが表示されなかった為、上記設定に変更したうえで、IE7互換強制にする事で表示が可能になりましたので、参考として掲載しておきます。

WordPressは、SEOに関する専門知識がなくても、プラグインで簡単にSEOの強化が可能ですので、しっかりと導入しておきましょうね^^

コメントを残す




*